【2020年最新版】岡山の太陽光発電販売・設置業者を比較ランキングで紹介!豊富な実績を持つ優良業者を厳選しました!

太陽光発電を行うにはどんなパネルが必要?

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/13

岡山でも太陽光発電を設置する家庭や会社は多く、太陽からの熱エネルギーを太陽電池内で変換させて電気として使いますが発電に使う太陽電池、ソーラーパネルにはいくつかの種類があります。一般的にソーラーパネルと太陽光発電モジュールは同じものです。ここでは、パネルの種類や電池の種類などについて紹介します。

太陽光発電のパネルの種類

岡山で導入されている太陽光発電のパネルには、素材ごとに大きくわけるとシリコン系・化合物系・有機物系があります。化合物系は実用化されているものがありますが、有機系・化合物系の一部は研究段階のものが割と多く、まだ導入は限定的で効率面・コストから主に利用されているのはシリコン系です。

シリコン系はシリコンを原料に作った太陽電池のことで歴史が古く、今もいろいろな太陽電池が生まれていますが主流のパネルです。化合物系はいろいろな化合物を原料にしていて、CIS系・CdTe系・III-V系などがあり中でも知られているのはCISです。これは銅・セレン・インジウムなどを使い天候に左右されにくく、量産しやすいのがメリットです。

有機物系は比較的新しい分野の種類で、実質的な実用までされていませんが将来的に期待されていて、低コストで薄い電池など新しい太陽電池になる可能性が高いです。現時点では、最も多いのはシリコンで次に高温時の出力ロスが抑えられている化合物、有機系はまだ住宅用に使われることはありません

太陽電池は中でも主力として使われているのは結晶シリコンで、結晶系でも大きく分けて単結晶と多結晶に分けることができます。単結晶は最初に開発されたもので、簡単にいうと結晶が規則正しく並んでいることを指し、発電ロスが少ないです。他と比べて製造コストは高いですが、変換効率は高く性能や信頼性に優れてます。

太陽電池には主に結晶シリコンが使われている

岡山でもよく使われているのが単結晶系の太陽電池で、シリコン原子が整列したもので古くから研究がされていて、他と比べて電気への変換効率が高いです。一般的な変換効率は15~20%で安定性もあって、耐久面に優れているため主流ですがコスト面で課題があります。

次に多結晶系だと複数のシリコンの結晶を使って作られていて、光に反射するといくつもの結晶が見えます。変換効率は一般的に14~16%で単結晶でないので発電効率が少し落ちますが、低コストで清算できるためバランスを考えて普及されています。

それ以外だと、シリコンの使用率を抑えた薄型のアモルファス・単結晶とアモルファスを組み合わせたハイブリッド式です。アモルファスは特定の結晶構造を持ってないアモルファスシリコンを使ったもので、ガラスまたは金属片などの基盤の上へ、薄膜上のアモルファスを形成して作るため変換効率が低いです。ただ、薄膜上なので加工性がよく応用性が高く、気温が高い日の変換効率の低下は抑えられます。太陽光発電を選ぶときにはコストを重視するか・発電効率・耐久面など優先順位を決めてから検討したほうがいいです

性能の違いは国内と海外ではそこまで違いはないのが現状ですが、サポート・価格では多少違いが出てきます。海外メーカーだと国内メーカーよりも安価で導入できる可能性がありますが、国内の太陽光発電メーカーの方がシェアは有利で、サポートを考えると国内メーカーを選んだほうがよいかもしれません。国内や国外で比較するより、重視したい部分をまず挙げてみて比べた方がよいです。

パネルによる発電量の差について

いろいろな企業から販売されていて岡山で導入するときに、気になるのが発電量ですが実はそれほど大きな差はないです。発電量は原料の違いが大きく関係しててメーカーごとで比べるよりも、どの原料が使われているかを確認したほうがよいです。発電量を考慮してから、太陽光発電を比べるときは価格・サポート・機能面などを考えて検討していきます。自分で土地を用意したり、住宅用で選択肢は広がりますが、既に使用するパネルが決まっている土地付き太陽光発電だと自由に選ぶのは難しいです。

ただ、変更しても売電単価が下がることはないので、土地付き太陽光発電の販売店へ変更してほしいと相談してみてみましょう。広い土地を用意しなくてもいいのがメリットですが、気になるときはソーラーパネルの種類から選ぶことも可能で、初めて投資するときは難しいかもしれませんが、太陽光発電モジュールが詳しく記載されているなら土地だけでなく、パネルの種類・メーカーも検討するときの要素の一つとして考えてみてもいいかもしれません

ちなみに日本だと発電量を計算するときには、システム容量1kWあたりで年間約1000kWhとすることが多いですが、これは概算を出したいときに有効で、実際は地域ごとに異なります。住宅用だとシステム容量10kW未満という決まりがあり、実際は屋根の広さや費用面からシステム容量3~5kWの太陽光発電が主流です。

 

岡山で導入するときに悩むのが、どの太陽光パネルを選ぶかです。太陽の光を集めて電気に変換しますが、国内外のメーカーでいろいろな種類を作っていて使っている原料なども違います。それぞれ特徴が異なるので導入する前に、その違いを正しく理解しておくことが大事です。

岡山のおすすめ太陽光発電販売・設置業者

商品画像1
2
3
4
5
商品名L.PROJECT株式会社ELJソーラーコーポレーション株式会社ADAMASエンタープライズ新日本住設株式会社エコライフジャパン
特徴PPAモデルとして初期費用0円で太陽光発電を導入することができ、契約期間中の電気代が下がる 精度の高いシミュレーターで発電量を予測 「FOR YOU」精神で顧客と対応して地域社会に貢献してきた会社 プランニング、施工、アフターサポート、メンテナンスまで全ての工程をグループ会社で一貫して行う 社屋の屋根、カーポートにソーラーパネルを設置しショールームとしている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【岡山】おすすめ太陽光発電販売・設置業者の口コミや評判