【2021年最新版】岡山の太陽光発電販売・設置業者を比較ランキングで紹介!豊富な実績を持つ優良業者を厳選しました!

太陽光発電にかかるコストはどのくらい?コストを抑える方法も紹介

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/07/13


太陽光発電システムは可動部分がないため、設置して終わりと思われがちですが、最大限の発電量を維持し続けるためにはきちんとしたメンテナンスが必要です。そのための費用は定期的に掛かるので、太陽光発電システムを設置するときに知っておきたいところです。今回は、そんな太陽光発電システムのランニングコストの内容について解説します。

太陽光発電にかかるメンテナンス費用

太陽光発電システムにかかるメンテナンス費用には、どのようなものがあるのでしょうか。まずひとつめに、設備の点検する費用がかかります。太陽光発電に利用するパワーコンディショナーなどの点検には1回あたり1~2万円程度かかります。また点検した結果、機材が故障して修理が必要な場合にも、費用が必要です。購入したメーカーなどの保証があれば無料で修理してもらえることもあるため、修理が必要な場合は事前に確認しておきましょう。

しかし保証がない場合は、実費で機材を修理しなければなりません。パワーコンディショナーの修理には10~40万円、メーターの修理には1~5万円ほどかかるといわれています。とはいえこちらで紹介したメンテナンス費用は相場であるため、実際のメンテナンス費用は業者に事前に確認することをおすすめします。太陽光発電システムは、目には見えない発電量減少の原因に備えて、こうした定期的なメンテナンスを行うことが必要とされています。とはいえ、太陽光発電システムはそんなに頻繁に壊れるものでもないので、メンテナンスにピリピリする必要もないという声も聞かれます。

ただ、太陽光発電システムの不調は目には見えないことが多いため、知らないうちに不調に陥り、いつのまにか発電量が落ちてしまっていたということにもなりかねません。発電量の維持に対するメンテナンス費用は、費用対効果を見ながら検討することになりますが、必要経費として考えて、いくらかは見積もっておく必要はあるでしょう。

太陽光発電にかかるランニングコストの内容

太陽光発電システムのランニングコストは、主に次の2つです。一つは、太陽光発電システムを構成する各装置が正しく動いていることを確認する点検したり発電にあたって障害になる太陽電池の汚れの除去したりなど発電量を維持するための作業です。もう一つは経年劣化した装置を交換する作業です。

前者については、太陽電池が最大限に発電できるようにコンディションを維持する作業や故障がないかどうかを専用の機械も使って確認する作業です。これらはメンテナンスを請け負ってくれる業者に依頼することも多いようですが、どのような費用が掛かるのかについて大まかにイメージできるように例を挙げておくと、次のようなものが挙げられます。

まず、太陽電池の清掃や点検には足場を組む必要があることがあります。太陽電池は日当たりがよいところに置かなければならないため、場合によっては屋根の上など高所に置かれる例が多いです。そこまで作業員が安全に昇っていき、機械を使って作業するための足場を組む必要があります。そして、機械を使った作業の実費が掛かります。作業員の人件費や機械の使用料が掛かります。メンテナンス業者に見積もりを取るときの参考にしてみてください。

また、後者については、たとえば太陽電池が発電した電気を交流に変換し電圧を調整し、必要に応じて電力会社の配電線へ流す役割を果たしているパワーコンディショナーを交換することがあります。一般的に、太陽電池の寿命に対してパワーコンディショナーの寿命の方が短く、太陽電池の寿命いっぱいまでシステムを稼働しようとすると、パワーコンディショナーの寿命が近付いた時点で、交換することになります。

こうした費用も見積もっておく必要があります。ランニングコストは、設置する太陽光発電システムの構成機材によっても、推奨されるメンテナンスの頻度や機材の耐用年数が異なりますので、メンテナンス費用を掛けなさすぎず掛けすぎないようにするためにも、太陽光発電システムの設置を依頼する業者に相談してみることをオススメします。

太陽光発電はメーカー保証が大事

太陽光発電システムは長期にわたって稼働する機械ですので、メーカー保証はしっかり確認しておきましょう。いざ、動かない、調子が悪い、というときに、どのような保証が受けられるかは、ランニングコストに大きく関わり、売電収益にも関わってきます。そして、費用を下げることにもつながります。どれくらいの期間、どのような条件で、どのような保証が受けられるかをきちんと事前に確認しておくことが大事です。

 

太陽光発電システムの導入の話題では売電収入にフォーカスされがちですが、この収入による収益にはランニングコストが大きく関わってきます。メンテナンス費用を下手に安く抑えようとメンテナンスを疎かにすれば売電収入の低下につながりかねません。費用対効果をきちんと考えるためにも、太陽光発電システムの設置を考えるときには、発電時のランニングコストもしっかり見ておきたいところです。

岡山のおすすめ太陽光発電販売・設置業者

商品画像1
2
3
4
5
商品名L.PROJECT株式会社ELJソーラーコーポレーション株式会社ADAMASエンタープライズ新日本住設株式会社エコライフジャパン
特徴PPAモデルとして初期費用0円で太陽光発電を導入することができ、契約期間中の電気代が下がる 精度の高いシミュレーターで発電量を予測 「FOR YOU」精神で顧客と対応して地域社会に貢献してきた会社 プランニング、施工、アフターサポート、メンテナンスまで全ての工程をグループ会社で一貫して行う 社屋の屋根、カーポートにソーラーパネルを設置しショールームとしている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【岡山】おすすめ太陽光発電販売・設置業者の口コミや評判