【2021年最新版】岡山の太陽光発電販売・設置業者を比較ランキングで紹介!豊富な実績を持つ優良業者を厳選しました!

太陽光発電するなら確認しておきたい条例

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/20


四国地方の玄関口となっている岡山県は、太陽光発電設置数において四国中国地方の中でトップクラスの保有数を誇ります。その理由として、岡山県は1年を通して日照数が多いので太陽光発電に適している土地に挙げられるのです。そんな岡山県に住む際に太陽発電を利用する際に、守らなければならない条例があるので覚えておく必要があります。

太陽光発電に条例ができた背景とは

太陽光発電の需要が増えた背景に、2011年の震災がきっかけになっています。2011年以前の日本の電力の内訳は、自然エネルギーとバイオマス発電が2割で大半が液化天然ガスを使った火力発電と原子力発電で賄っていたのです。しかし原子力発電は安定的に電気が使える反面として、ウランやプルトニウムなど有害な放射能を使うためリスクがあります。

2011年の震災によって原子力発電所が被災し、その結果として浪江町が汚染されてしまったのです。原子力発電のリスクが瞬く間に広がったことで、すこしでも依存度を減らすために市民そして自治体が率先してリスクが少ない自然エネルギーの需要を伸ばすように行動を開始します。

その中で市民が取り入れやすい方式として、太陽光パネルを設置して発電をする太陽光発電の需要が一気に伸びたのです。それを自治体が新しい経済の需要と考えて促進をするために、エコ住宅補助という形で現金及びポイント還元という形で施行することで後押しをします。

その震災を契機にした個人の意識の高まりと自治体の後押しによって一気に需要が伸びたのですが、ただその需要の高さに社会の流れが追い付かない事態になってしまい不利益を被る人が増えてしまったのです。そこでこれからも安定して太陽光発電を含めた自然エネルギーの数を増やすために、岡山県を含めて日本全国の自治体が条例を定めることを決定したのが背景になります。

太陽光発電を設置するなら隣人に迷惑をかけないこと

条例ができた背景の一つとして、太陽光発電を設置したことで隣家に住む住民と問題が増えたことです。先にいったとおりに太陽光発電というのは、家の屋根もしくは庭に専用のパネルを設置し当たった太陽光の熱をタービンに送って発電をする仕組みになります。太陽光発電は光が当たらないと効率が悪くなるので、設置をするときには西日など長時間当たりやすい場所に設置することが多いです。

しかし長時間当たりやすい場所に設置をする際に、その方向に住居があると問題が起きてしまいます。それは設置するパネルは熱を発生させるために黒色をしており、黒色は熱を発しやすいが光を反射しやすい性質を持つのです。その反射した光が隣家にあたると窓から光が入ることで、常にまぶしい状態が続いてしまいカーテンがないと過ごしにくくなってしまいます。

さらに反射した光にも熱があるので、とくに夏場において外気の温度だけでなく光の熱も室内に入ってしまうため熱中症リスクを上げてしまうことを招いてしまうのです。実際に太陽光発電を設置数が増えるのと比例して、これらの問題が発生し近隣トラブルから訴訟に発展するケースが増えてしまったのです。

そこで条例として隣人とのトラブルが発生をしないように、太陽光パネルの設置が隣家への迷惑にならないようにするように指定されています。パネルが隣家に当たらないように角度を変えたり、新しい機器に取り換えて稼働音や電磁波を発生しないようにするなどが組み込まれているのです。

自然環境に悪影響を与えないようにすること

近隣トラブルの増加以外で、条例ができた理由の一つがメガソーラーの問題を解消するためです。メガソーラーというのは電力会社もしくは一般企業が土地を購入して、そこに大型パネルを設置して発電をする仕組みになります。エネルギーに関しての関心度が高く太陽光発電を取り入れたいが、隣家との距離が近いので近隣トラブルになるもしくは設置するスペースがないなどで設置ができない家庭は少なからず存在します。

そういった事情で設置ができない家庭や企業のために、土地を購入して発電をし、配給することで太陽光発電の需要を伸ばすことを目的にしているのがメガソーラーです。ただメガソーラーにも、少なからず問題があります。メガソーラーは土地を購入して大型パネルを設置するので、どうしても人工物が街の景観に入り込んでしまうのです。そのため自然豊かな土地だったはずが、メガソーラーを設置することによって景観が壊れてしまい過ごしにくくなったと思う人が増えてしまいます。

さらにメガソーラーを設置するために山を切り開くことが増えており、無理に切り開いて設置したことで土砂崩れの発生リスクが増えてしまったなど問題が起きているのです。これらの問題が増えてことで、条例にはメガソーラーを運営する事業者に対してのルール作りが制定されます。景観が壊れる問題は、しっかりと近隣の人々とコミュニケーションをとって納得してもらうように働きかけるのです。そのうえで事業者は自治体に対して定期連絡をしっかり行うと同時に、土砂崩れ防止など安全対策を充実させることが条例に組み込まれています。

 

岡山県を含めて2011年を契機に、新しいエネルギーの形として太陽光といった自然エネルギーの需要が伸びています。ただ自然エネルギーの需要の増加に比例して、近隣トラブルや安全対策が追い付かない状態になっているのも事実です。そのためこれから設置する人は、しっかりと自治体が指定している条約を確認して安全に運営できる方法を模索する必要があります。

岡山のおすすめ太陽光発電販売・設置業者

商品画像1
2
3
4
5
商品名L.PROJECT株式会社ELJソーラーコーポレーション株式会社ADAMASエンタープライズ新日本住設株式会社エコライフジャパン
特徴PPAモデルとして初期費用0円で太陽光発電を導入することができ、契約期間中の電気代が下がる 精度の高いシミュレーターで発電量を予測 「FOR YOU」精神で顧客と対応して地域社会に貢献してきた会社 プランニング、施工、アフターサポート、メンテナンスまで全ての工程をグループ会社で一貫して行う 社屋の屋根、カーポートにソーラーパネルを設置しショールームとしている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索