【2021年最新版】岡山の太陽光発電販売・設置業者を比較ランキングで紹介!豊富な実績を持つ優良業者を厳選しました!

太陽光発電は災害時にも役立つ!今から備えておきたい理由

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/06/09


太陽光発電は、電力会社からの電気供給に頼ることなく自家発電ができるシステムです。岡山県などでは、太陽光発電や蓄電池を導入する際の費用を助成金や補助金として支給、このような制度を活用すれば費用負担を減らせるメリットもあります。また、蓄電池を含めた太陽光発電システムは、災害時に役立つ存在になってくれます。

岡山県の各市町村のホームページをチェックしよう

太陽光発電システムの補助金は、大きく分けると都道府県と市区町村の2つがあります。岡山エリアなどの場合も、県と市区町村といった具合に補助金を用意していることがありますので、導入前にお住いを管轄している市区町村や岡山県の行政ホームページを確認しておくとよいでしょう。

補助金は申請すれば必ず支給してもらえるものではありませんし、申請可能な期間が決まっているため注意が必要です。さらに、申請期間は設置後6か月以内のケース、導入前に申し込みを行うケースなどがあるため、申し込みのタイミングについても要チェックです。

岡山県の倉敷市などでは、倉敷市次世代エコハウス整備促進補助制度や戸建て住宅太陽光発電システムなどの助成や補助制度があるようです。前者は2020年4月1日から2021年3月31日までが対象期間で1件あたり150,000万円、後者はシステム1kwあたり20,000万円で上限は80,000万円など、市区町村や制度により支給可能な金額や条件が異なります。

基本的に、複数の補助金もしくは助成金を併用できませんのでしっかり調べておくことをおすすめします。発電システムの導入には数十万から数百万といった費用が必要になって来ますが、このような補助制度を活用すれば負担額を減らせるメリットがありますので、自治体のホームページをチェックして賢く導入しましょう。

太陽光発電の仕組みを理解しておこう

災害時にも役立つといわれている太陽光発電システムは、屋根の上に設置したソーラーパネルが肝になるといっても過言ではありません。ソーラーパネルにはN型とP型と呼ばれる2つの半導体があり、表面に太陽の光が照射すると2つの半導体は反発し合い起電力を作り出す性質を持ちます。高速で電子が移動して衝突する、これが発電の原理になるものです。ソーラーパネルにはケーブルが接続してありますが、ここに直流電源を利用できるランプを接続すると点灯します。

これは、ソーラーパネルが発電する電源が直流電源であるためですが、家庭の中で利用するエアコン・洗濯機・テレビ・冷蔵などの電化製品は交流電源ですからそのままでは使うことはできません。屋根の上に数台のソーラーパネルを設置、各装置からのケーブルは接続箱で直列に接続されます。これは乾電池と同じ考え方で、直列に接続すると電力は大きくなるわけです。

各ソーラーパネルで発電した直流電源をひとまとめにする、それをパワーコンディショナーと呼ばれる装置に送ると、直流電源は交流電源に変換されるので、家の中で活用している電化製品を動かすことができるようになります。余剰電力は売電に回すのもよいのですが、太陽光発電は太陽エネルギーを電気エネルギーに変換することからも太陽が沈んでしまえば発電できなくなる、夜間の電力として活用するためにも蓄電池が役立つ存在になって来ます。

停電から復旧までに必要な日数とは

災害時のライフラインの復旧スピードは、災害の規模などにもよりますが実例で日数を考える場合には東日本大震災を例にするのがよいでしょう。ライフラインには水道・ガス・電気・通信などがあるわけですが、従来と比べると復旧までの日数は短くなっているようです。

しかし、東日本大震災の際には、電気が1週間前後、ガスは5週間前後といった具合に電気よりもガスの方が遅かったといわれています。電気よりもガスの方が復旧に時間を要する理由は、設備の設置の仕方にあります。電気の場合は地上にある電線を修理する形になりますが、ガスの場合は道路下に埋まっている配管の修理が必要になるので、復旧までの期間が長くなりがちです。

最近では、オール電化住宅に注目が集まっていますが、注目が集まる理由の中には災害時の復旧もあるのではないでしょうか。オール電化と太陽光発電、そして蓄電池の3つの組み合わせは災害時に大きな力になってくれるものです。電気が使えれば電化製品を利用できるわけですし、仮にウォーターサーバーを利用されている場合でも、発電と蓄電池のパワーを使いお湯や冷水を作り出せるメリットもあるわけです。

もちろん、オール電化ではない住宅や蓄電池を使わない場合でも、太陽光発電設備があれば災害時の生活にも大きな力になってくれます。災害が起こらないのが一番ではあるけれども、万が一の備えとして考えるとよいのではないでしょうか。

 

災害時、電気が復旧するまでには数日が必要になります。しかし、太陽光発電を導入しておけば日中の生活において不便さを感じることはありません。さらに、蓄電池を導入することで電気を蓄積できるようになるため夜間の電力として活用できるメリットもあります。

岡山のおすすめ太陽光発電販売・設置業者

商品画像1
2
3
4
5
商品名L.PROJECT株式会社ELJソーラーコーポレーション株式会社ADAMASエンタープライズ新日本住設株式会社エコライフジャパン
特徴PPAモデルとして初期費用0円で太陽光発電を導入することができ、契約期間中の電気代が下がる 精度の高いシミュレーターで発電量を予測 「FOR YOU」精神で顧客と対応して地域社会に貢献してきた会社 プランニング、施工、アフターサポート、メンテナンスまで全ての工程をグループ会社で一貫して行う 社屋の屋根、カーポートにソーラーパネルを設置しショールームとしている
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【岡山】おすすめ太陽光発電販売・設置業者の口コミや評判